« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

招福

20071205l1011483

今年一年ありがとうございました。

こんな拙いブログですが、来年も更新だけはマメにするつもりです。

  

というわけで、イメージだけでもごちそうということで・・・

Photo

 

「氷見のぶり」  大間のマグロもいいですが、こちらも絶品です。

味は好みですが、出世魚だから縁起がよいのはこちらでしょう!

それがセレクトの理由(笑)  

  

それではみなさまよいお年を!

  

  

   

  

  

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

よその星での夕焼け

20071223l1012211

どんな1日でも、こんな夕日を見た瞬間、心が和みます。

 

なんだか別の惑星みたいですが、そんな想像が楽しいです。

  

  

 

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

〆(締め)

20071211l1011790

ことしももうあとわずか。

だからバルブを閉じるようにきちんと「締め」をやっておきたい。

  

なのに、なんだかあわただしく過ごしてしまいその辺が十分でなくて・・・

年賀状も作ったのに送り先の印刷をする気がおきず困ってます。

  

やはり、奮起して大掃除とか、区切りをつける作業をしないといけませんね。

  

ということで、まずは身の回りの片付けから。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

なんだかんだで

20071122l1004143

きのうはお世話になった方の送別会。

  

まさに、ひとが宝です。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

12月27日

20071206l1011586

きのう、これから中国に赴任する方とお会いしました。

しみじみとした会話をおよそ30分かわしたでしょうか。

  

その後、エレベータまでお見送りしました。

「またね」と思わず見送りの言葉。

  

ほんとに、ほんとに彼のことが心配です。

  

「ストレス解消にこれもってって」とカメラをプレゼントしようとしたのですが、赴任早々ややこしくしたくないな と思ってその考えはいったんキャンセル。

  

すこし落ち着いたところで様子を見て、それからにしました。

  

PS

きのうも六本木混みすぎ。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

故人無からん

L1011059

長年親交のあった人から突然メールが来ました。

「1月1日から中国に赴任します」とのこと。

  

これが若人であれば何も思いません。

しかし、彼はこれまで8年くらい単身赴任。そしてもう50ウン歳です。

2年で返ってこれればよいですが、現地法人立ち上げの責任者のようですから

条件・環境は不確実です。

  

しかも、2年くらい前にある出来事がありました。

同じように現地法人の立ち上げがあり、その責任者として赴任された方が突然

現地で亡くなり、彼が立場上家族に同行してその亡骸を受け取りに行ったのです。

  

その上での赴任辞令。

  

おそらく、一方的な命令ではなく打診があって彼はそれを受けたのだと思いますが、

いろいろな経緯を知っているだけにボクの胸中は複雑です。

  

企業って大変だなあとつくづく思います。

「渭城の朝雨軽塵をうるおし 客舎青青柳色新たなり 君に勧む更に尽くせ一杯の酒 西のかた陽関を出ずれば 故人無からん」

以前訪れた陽関の情景と、王維の漢詩を突然思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

偽装天国

L1002315_2

 

「偽装」だ「偽」だと非難の大合唱ですが、偽装の本来の意味は「なりすまし」のはずです。

たんに「虚偽表示」とか「データ改ざん」といえばすむと思うのですが・・・

   

それから、今年の一字も安直に過ぎないですかねえ。 

  

大胆予想じゃないですが、そんなことより食糧危機が目前に迫ってきているという意識がどこまであるんでしょうか。

「食品衛生法」にしばられて、食べられる物も次から次に捨てていた「あの時代」が懐かしい・・・  ということになりますよ。きっと。  まさに偽装天国です。  

 

さて、なにを見つめるのかこの天使。 もちろんイミテーションです。 食べられないけど。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

20071219l1012074

イルミネーション系もきょうあたりが賞味期限ということで・・・

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完璧なイメージ

L1012228

  

ついに見つけました「師走」の完璧なイメージ。

  

とてもうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医龍2 終了

20071219l1012110_3

クリスマスイブですが、それと関係ない話です。

  

3か月にわたって楽しませてくれた「医龍2」が終わりました。

ストーリーに出てくる医療行為は「SF」でしたが、まあ、ドラマですのでワタシ的には許容範囲です。(それでも笑っちゃいますが)

 

むしろ、患者を救おうとする医師の「熱い思い」をテーマに選び、それを惜しげもなく出すことのできる「医者」にスポットを当てる構成には共感を覚えます。

  

で、現状の医療に目を向けると、問題は・・・患者のほうなんでしょうねえ。

 

医療に対する過剰な期待とその裏返しにある医療不信。

だれがそれを煽っているのか。

  

きのうの新聞に出ていたケース。

大腸ガンが肝臓に転移して手の施しようのなくなった患者さんに、一縷の望みをかけて先進的な医療(未承認)を施したというケースです。

奥さんには事前に説明して理解を得ていたけれど、娘さんには「かわいそうだから」という理由で事前に説明させてもらえなかった。

そして、結果的に救命できなかったのですが、娘さんから「そんな危険のある治療だとは説明を受けていなかった」という理由で訴えられたのだそうです。

  

そんなことで責められていたら医師なんてやってられないですね。

かわいそうだから説明してくれるなって・・・

これから病気と闘うのにそれはないでしょう。

医師だけで病気と戦わせておいて、結果だけで責めるなんてやっぱりいいとこ取りしようとしているわけです。

  

「スーパードクター」の活躍もいいけど、こんどはそんな視点でドラマをつくってほしいな。

  

  

ホントにメリクリと関係ない話題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月23日 (日)

How cute !

L1011991 

とてもかわいらしい靴がウインドウ?に置いてありました。

  

おいくら? と考えるのもコワイ気がしますがきっとすごいんでしょう。

  

まあ、想像するだけなら出費はありませんので・・・

  

ということで、人さまざまですが、メリークリスマスです。

  

  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

ごはん

20071208l1011614

三度のめしより何とやら・・・  といいますが、おこめがやっぱりおいしいですね。

  

なのに、きのうは一粒も食べずに終わりました。

  

厚木は豚の産地だそうで、「カントリースタイル」というステーキ風の食べ物をいただきました(画とは関係ありません)。それがライス不要のボリュームでした。

  

夜は、友人の悩み相談。

子供のお受験をめぐる夫婦の対立で別居?

  

思わず飲み過ぎてしまいました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

すき間

20071218l1012010

とても気に入ってる一枚です。

 

白い空間に赤一点。

  

いい感じだなあ。と

  

シロは心を洗い流してくれる、という感じです。

  

  

Summicron 35(8)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

日本一高いクリスマスツリー

20071219l1012080

こどもの頃はあんなに楽しみにしていたのに。

いつからか、クリスマスにまったくときめかなくなりました。

  

だから、昼間見かけた公園の飾り付けにも「また無駄をして~」と冷淡に反応してしまいました。

  

でも、たまたま夜に通りかかったらその印象は一変。

いま日比谷公園につくられているイルミネーションはなかなかいいですよ~

 

20071219l1012075

何気ない仕事がえりに、こんなものがタダで見れるなんて、シアワセです。

  

「この日本に何が不足してるのか?」 と考えるワタシはひねくれものでしょうか。

ちなみに、日本一高いクリスマスツリー なんだそうです。

値段も高そう。

  

でも、正式にオープンしたら、すごい人ごみになっちゃうんだろうなあ。

  

20071219l1012085  

 ということで、おすすめは今のうち、です。

  

@日比谷公園

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

ハイテク

L1011849

見かけはハイテクなのに実際は相当ローテクです。

  

まあ、そんなものでしょう。

  

PS

この年の瀬に、就職活動のスーツきてる人がいます。

来年が希望に満ちたよい年になるといいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

めずらしく

20071215l1011927_2

旅先で Love affair に遭遇する夢を見ました。

めずらしいことです。

相手は外人で名前はJ、でも、その瞬間は羽田美智子さんだったような気がします

(特に彼女のファンだいう自覚はなく、Jという知人もいません。どーでもいいですね)。

  

ただ、この手の夢の通例で、ストーリーは無惨に終わります。

「旅」と言ってもどこかの職場の慰安旅行で、「これから!」というときに何十人もの知り合い(こちらは外人)が滞在先の部屋に乱入してきてすべてパーというもの。

  

①おとおい飲み過ぎてゆうべはお酒を飲まずにネタ。

②昨晩、外資系の会社の仕事をした(でも外人とのコンタクトはない)。

③全体に疲れている。

おおかたこんな背景があって、何らかの潜在意識がはたらいたものと思われます。

暮れの忙しい時期にどーでもいい話ばかりでたいへん失礼しました。

  

でも、毎日こんな具体的な夢を見ますし、仕事がらみの夢だと、ときに現実との区別がつかなくなることさえあります。

  

20071215l1011928

いちばん上の画は、毎年恒例?のバカラのシャンデリア展示@ガーデンプレイスです。 

もう見飽きちゃったですね(笑)

  

12月も半分以上過ぎました。早過ぎっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

思いはいろいろあれど

L1011881

スポットライトが当たるとき、当たらないとき。

色々あります。

  

葉っぱにも意思があるんじゃないかと思うときがあります。

  

   

Summicron 35mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁起(えんぎ)

20071124l1004432

  

この松、ふつうは2本のはずの松葉が「3本セット」ということで、特別な存在だそうです。

  

この松葉は縁起がよいので財布に入れるとよいとか・・・

  

ということで、「縁起」っていいことばです。

  

人生、縁があることとないことの二元論。

  

縁があって笑い、そして泣き、縁がなくて泣き、そして笑う。

まあ、その途中途中でいろいろとありますよ。

  

いちばんよくないのは、その途中でいいとこどりする(しようとする)こと。

  

  

それがなければ胸張って生きればいい。

  

そうかんがえたりするこのごろです。

  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

アメリカ橋

20071215l1011913_2

「アメリカ橋で待ち合わせねっ」ていう話で出かけたのですが

「あれっ? ちがうのかな? たしかこのへんだったけど・・・」 という状態に陥りました。

   

「うーん おかしいなあ・・・」 と思いながら右往左往していると、

  

20071215l1011909_2   

   

「なんだココじゃん!」

  

それにしても、二重人格じゃあるまいし、同じ街路灯のウラと表で名前を変えるなって(笑)

  

まじめすぎる明朝体も笑えます。

  

 

@恵比寿

  

PS

駅で耳にした会話。

「もしかしたら、ここってヱビスビールつくってるから恵比寿なのかしら?」

って思い切り逆でしょう。おいおい(笑)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ちょっとダウン

20071215l1011942

きのう参加したある討論の場で

「○▼△○×・・・だと思います」と発言したら鼻で「ふん」と笑われました。

  

久しぶりです。 そんな失礼な御仁・・・

  

ということでひさしぶりに怒ってみたりして。

  

20071215l1011938

  

それにしても すごいキバだ。 

これで噛んでやる~  (笑)

  

  

いや~ 金曜日の晩にも参りました。

忘年会のハイシーズンだなあ、と覚悟はしてましたが、

午前2時でもまったくタクシーの空車なし。

  

ひさしぶりに、六本木から歩いて帰りましたとさ(苦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

偶然。

20071214l1011864

きのうは二日酔いで、お昼はどうしても「銀座デリーのカレー」が食べたくなって、そのかえりがけに偶然帝国ホテル(タワーのほう)に。

  

そこで、おもしろいオブジェに遭遇。

ダニエル・オストというひとの作品ということです。

  

20071214l1011868

  

リンゴが空から降ってくる~  (恐怖)

  

  

で、タイトルは・・・

20071214l1011861

「聖なる花空間」 だそうです。

  

  

どこが?

  

でも、おもしろいからお時間あったら見て損はないですよ(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

原理と応用

20071211l1011783

とかくその辺が難しいようで。

  

きのう、富山空港で飛行機待ちの時間に地元ローカル局のニュース番組で自分の映った画像が流れていてびっくり。

 

ふだん、自分の姿などみないし、こんな男だったのか、と。

 

ヘンな感想だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

Hard to say I'm sorry

20071212l1011824

きのう道を歩いていて、妙にあかるいなと思って見上げたら

こんなんなってました。

  

ブログをはじめて1年経つかどうかですが、以前にこんなことなかったです。

「ネタ」さがしの毎日は大変だけど、こんなどうでもいいことを含めて、いろんなことに感動できて感謝してます。

 

ところで・・・

怒濤の3連戦の最終日、まあ、そんなこんなで、昨晩飛行機に乗って現在富山市内のホテルにいます。

20071213l1011829   

 

何となく、羽田空港で買った「ドライカレー」ですが、この手のものの「常識」を覆してまじで辛いです。

こんなの売って大丈夫か?(おいしいけど)  という感動。

ということで(どういうことか不明ですが)ことしももう終わりですね。

  

お世話になったひと、ご迷惑かけちゃった方に、きちんと感謝とお詫びをしておきたいです。

そんな感じで、 Chicago の曲を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

まさか・・・

20071211l1011768_2

上野にある、とある建物のエレベーター

まさか、某国の国旗をイメージしてないですよね?

でも色合いが絶妙なんですが・・・

精養軒も入ってます(関係ないか?)

  

  

まあ、謎は謎のままで。

20071211l1011787

@西洋美術館まえ 5:30pm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

「凛々しさ」

20071209l1011683

どうです?  この気迫のこもった顔。

やっぱり「ひとを守る」ってこうじゃなきゃいけない、という感じで  

自分もこうでありたい・・・と思うこのごろ。

  

ところである辞書によると、

「凛々しい」=「男らしい」とくに「きりりとして引き締まっている」という意味なんですね。

なんか女性に使ったりしてませんか?

  

@増上寺

Carl Zeiss Hologon16mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

いよかん-緊張感

R9997214

まえの記事にて「怒濤の一週間」と書きましたが、そんな中で風邪もひいてしまったようです(だからぱっとしないタイトルしか浮かびません)。

明日から、たとえ熱が出ようとめまいがしようと「休めない仕事」3連戦が始まります。  

あぶら汗を浮かべるような、ぴーんとはりつめたような緊張感がただよってます。

  

みかんとか伊予柑とかの柑橘系の出番か?  すかっとしたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

某ワールドスクエア?

20071209l1011685

ほんとはカメラもって出かける余裕なんかこれっぽっちもないのに、

てんきがよくて、ついつい、今年最後のホロゴン撮影をしてしまいました。

  

なんだか、某ワールドスクエアみたいな感じが気に入ってます。

   

今週は怒濤の一週になりそうですが、すでに言い訳はできませんね(笑)。

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

くたくた・・・

20071118l1003964

北陸から帰ってきました。

心配していた飛行機の揺れ等もなく、フライトは快適でした。

  

でも、いつもいつも思うのですが、羽田空港第2ビルって広すぎてほんと疲れます。

  

きょうは70番ゲートに着きましたが、たぶん出口まで800mはあるんじゃないかな。

  

その距離を重い荷物もって歩くんですが、「もうムリ・・・パニッパニ・・・」の世界です。

  

これいつか社会問題になるに違いないって思うのですが、考えてみると出口近くに駐機する便(おそらく大阪便)もあるわけで・・・

  

まあ仕方ないでしょうね。

  

それにしても、北陸のブリはおいしい!  

また来週行く予定。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

気になる場所

20071122l10042552

気になる場所というのがあるものです。

本州最西端のまち。

  

PS

きょう、夕方から北陸に飛びます。

天気予報では、雪や雷が予想されるとのこと。

視界不良な中での着陸はいつも恐怖です。

いまからビビッってます。  こわいよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

はてな?

L1003511

なんでこんなに時間がないんだろう?

また飲み過ぎ?

きょうも飲むの?

  

このところ ???? な毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

雪化粧

20071204l1011461

越後 長岡では、雪化粧がはじまっていました。

  

東京は快晴、そしてトンネルをくぐる前は、こんなけしきでした。

  

20071204l1011457

  

3時間の講義、あっという間のとてもたのしい時間でした。

  

終わったあとの懇親会も美味でしたが、何より地元の皆さんの人情にふれられたことがいちばんのごちそうでした。

  

これから冬本番になります。みなさんお元気で!

20071204l1011465

  

Nokton Classic 40mm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 4日 (火)

ひと混み

20071201l1011327

この週末、ちょこっとだけ神宮外苑の「いちょう祭」をのぞいてきました。

一瞬だけ人混みがやわらいだすきに、歩道と植え込みをへだてている杭の上に乗って、バランスをとりながらピッと一枚。  落ちそうになり冷や汗ものでした。

  

人混みの雰囲気がもっと伝わるのはこちらかな。

20071201l1011326  

  

それにしても、すごい人、人、人です・・・ズミルックス、上も下もにじみまくってます(^_^;)

  

と、思いきや、この人混みを「空いている」と表現しているブログを発見!

思わず、「おーっ」と声を上げてしましました。

  

京都の紅葉見物の人出と比較されているのですが、私も3年ほど前にはずいぶんと彼の地に出向いてそれなりに理解しているつもりでした。もちろん、土日に行くなんて大それたことは考えずに平日オンリーです。しかし、きっと最近はさらにすごいことになっているんでしょうねえ。嵐山がひとで動けない・・・なんて想像もしたくないです。

  

 

ところで、「いちょう祭」では黄色い景色を堪能したことはいうまでもないですが、大道芸フェスティバルも行われていて、「雪竹太郎さん」のパフォーマンスに釘付けになりました。

  

この話はまた後ほど。

  

 

きょうはまたマイクをにぎりに新潟県長岡市に行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

疲れもふきとぶ凍結酒

L1011154

セミナー終わって日が暮れて・・・

1日、いや、1年の疲れをいやす焼き鳥でした・・・

L1011153

ちなみに、写真のKさんは、「凍結酒」が大のお気に入りです。

わたしも体調回復して、のめるようになりたい!

  

  

Nokton Classic 40mm mc

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

希望をのせて

20071124l1004610

どこまでも飛んでいきたい・・・

  

仕事ではなく・・・         というのは、ムリですね(^^;)

画に関しては、ホロゴンでなくとも結構ひろ~い感じがでたのでうれしいです。

PS

いや~ 星野ジャパン、薄氷の勝利でしたが見応えあるゲームでしたね~

久々にテレビの前にくぎ付けになりました。そういう方も多かったんじゃないでしょうか。

おかげで仕事も大はばにおくれてしまいましたって、人のせいにしちゃいかんわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

歴史と小説

20071124l1004531

司馬遼太郎の書いた「坂の上の雲」を自分なりにきちんを読んだのはとても遅くて、たしか10年前にご本人が亡くなり追悼企画として新聞連載されたときだったと思います。

子供のころに彼の描くヒーローにあこがれて大きくなりましたが、大人になって読むと、話のなかに出てくる「アンチヒーロー」に対する酷評ぶりが私には「いじめ」のように感じられてかなり距離をおきながら読んだ記憶があります。

 

その「坂の上の雲」の主役である「秋山兄弟生誕地」を訪ねました。

兄・好古(よしふる)は日本陸軍騎兵隊創設者。日露戦争でロシアのコサック兵を撃破し、難攻不落の旅順攻略に多大な貢献を果たし、後に陸軍大将・・・となるも、引退後は地元の学校に校長先生として迎えられ、多くの生徒を排出。

弟・真之(さねゆき)は海軍に入り、東郷平八郎元帥を補佐し、日本海海戦にてバルチック艦隊撃破の作戦を立案した。後に海軍中将。戦艦三笠の上で東郷元帥の横に立って双眼鏡を握っている画はつとに有名。

 

理想的なヒーロー、また兄弟像で申し分ないですね。わたしも彼らを尊敬します。

  

でも、だからといって司馬さんのように、直接会ったこともない人を「戦犯」呼ばわりするのは正直ためらわれます。

悪人、無能者がいたから犠牲が出た。 というほど世の中単純ではなく、結局「組織の論理」に個人が逆らえない(いろいろな事情で)ために、わるい選択をかさねて状況がどんどんわるくなっていく。そして問題が表面化して事態が行き詰まったときに、組織が壊滅的に破壊されないために誰かが「悪者」として生け贄とされる。

昔も今も変わらない病理です。

   

まあ、司馬さんはそのへんわかっていたと思いますが、ちょっとそれでは受けないから理解しやすいように「悪者」でくくってしまったんじゃないかなあ。

  

冒頭ご紹介した秋山邸はとても質素な住宅で、これまた「庶民から出たヒーロー」的たたずまいでした。

歴史は複雑だけれど、人の生き方はシンプルでいい。

そう語りかけられているような気がしました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »