« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

光と影

冬が終わり、春が来る。

L99933132_1

終わった冬の画・・・

Summilux-M35mm F1.4 with Leica M8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

カメラを持って・・・

仕事柄、ときどき出張がある。大阪、京都、名古屋といった大都会に行くこともあれば、千葉県の外房のとある町に出かけることもたまにある。

直線距離にすれば都心から100キロも離れていないと思うのに、午前11時に東京からでて付くのは午後1時過ぎ。一仕事終えて帰ろうとすると、次の電車(普通ローカル線)まで45分!も待たされる。以前はそれがすごくストレスだった。

しかし今日はカメラを持参していたので一味違った。駅の周辺をほっつき歩いていると、意外なほどフォトジェニックな被写体に出会うことができた。たとえばこの道路端の仏像。お寺の一部なのかもしれないが、駅前のとおりに面して小公園ほどの広さの土地に、合計10対ほどの仏像が並んでいた。

L9993469_1

以前なら退屈な待ち時間が・・・素敵な光と戯れ画をとる時間になってくれた。

これもカメラのおかげ・・・ M8に感謝。

L99934802

1枚目、2枚目とも Summilux-M35mm with Leica M8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

モノクローム

内田ユキオさんの写真エッセー「いつもカメラが」に触発されて、モノクロームに挑戦。

これがなかなか気持ちいい。

320325

霞ヶ関の、名前のわからないオブジェの前で・・・

Summlux-M 35mm f1.4(球面) with M8

「桜の色は淡く、カラー写真では白に写ってしまうほどで、心に思い描く桜とはほど遠い。そこに聞こえた歓声や、待ちわびた春がやってきた気持ちの高ぶりは、写っているはずもない。だから僕は桜をモノクロで取る。限りなく白いグレーに、各々が色をつけられるように。」

この言葉に、後頭部をがつんと殴られたような気がした。

でも、桜の季節のまえに、この至言に出会えてよかった。春は近し・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »